電子クリーンルーム

電子クリーンルームは生産、製造、電子部品組み立て、特にコンポーネント及びマイクロチップの工場に使用されます。これらの分野は高精度が必要ですから、製品の品質を確保するため、埃、湿度等の湿度を制限しなければなりません。
 
投資コストが非常に高いですから、全部の電子設備製造工場はクリーンルームを設置する必要であるわけではありません。製造・組み立てのエリア、研究エリア、実験エリアなどの清浄度が高いエリアは電子クリーンルームが必要です。
コンサルティングの連絡

クリーンルームが必要である電子製造・組み立ての分野

  • 電子部品製造クリーンルーム
  • IC、マイクロチップ、ICベースのクリーンルーム
  • テレビ、携帯、自動車用メインボードのクリーンルーム
  • 画面、パネル、バックパネル製造のクリーンルーム
  • 電子メインボード製造のクリーンルーム(マイクロチップ、回路基板、PCB)
  • センサー製造のクリーンルーム
  • 光学レンズ製造のクリーンルーム。
コンサルティング
  • テレビ製造・組み立てのクリーンルーム
  • 携帯製造・組み立てのクリーンルーム
  • コンピュータ、パソコンの製造・組み立てのクリーンルーム
  • カメラ製造・組み立てのクリーンルーム
  • チップ製造のクリーンルーム(半導体チップ、電子チップ、マイクロプロセッサ)
  • 携帯保護ガラスのクリーンルーム(強化ガラス)
コンサルティング

電子クリーンルームに適用する基準

現在、ベトナム市場における電子分野のクリーンルームは常に、以下の基準が適用されます:

tieu-chuan-federal-standard-209-E
tieu-chuan-phong-sach-iso-146441-dien-tu
tiêu chuẩn phòng sạch điện tử

*電子クリーンルームのいくつかの参照指数:

  • 温度の基準:平均温度は20度から26度まであり、これは電子部品、設備に安全な温度であり、幾つかの電池が安定して動作し、溶接継手、又は継手が溶けないようにします。
  • 湿度の基準:平均湿度は18度から55度までであり、電子部品の複雑さに応じて、湿度を適切なレベルに確保しなければなりません。
  • 埃の密度、微生物の基準:電子クリーンルームにおける埃の密度、微生物のレベルは常に規格ISO14644及び規格FS 209によって管理されます。
  • 圧力基準:圧力は15から45 PAまでです。

電子クリーンルーム建設祭の注意すべきな点

電子クリーンルームの設計、建設は品質に影響を与えないように、最初から徹底的、注意深く、プロフェッショナルで行わなければなりません。

*電子クリーンルームの設計・建設際の注意点:

  • クリーンルームに対する設計基準を厳守します。
  • ベトナムにおける電子工場に対する一般的な規定を従います。
  • 生産ライン設置の要件。
  • 電子クリーンルーム建設場所の要件。
  • 設計方法の要件:構造、スペースの配置、スペースのサイズについて。
phòng sạch điện tử
phòng sạch điện tử intech
phòng sạch điện tử intech

INTECH ー電子クリーンルームのコンサルティング、設計、建設を専門を専門とします会社

INTECHは長年の経験があり、Class 10、class 100などの一般的な会社が実行することができなく、最も高い基準からClass 1000、Class 10,000、Class 100,000などの一般的な基準まで、最適な時期に、クリーンルームのコンサルティング、建設を行うことができます。電子クリーンルームの工事期間はクリーンルームの規模によって、異なりますが、これは工事完了階段ですから、常に短時間で完了されます。INTECHは、お客様の要件に応じ、プロジェクト工事の設計、コスト、完了期間に関する最適なコンサルティングをします。INTECHの電子クリーンルーム工事の手順は以下の通りです:

代表的なプロジェクト

INTECHはクリーンルーム分野における長年の経験があり、全国にわたって、多くの基準で、様々な電子クリーンルームのプロジェクトを実施してきました。INTECHは日本、韓国、中国、ヨーロッパ、アメリカ等の国内外における取引先と協力し、大きいプロジェクトを実施することを誇りとします。INTECHは実施したプロジェクトは以下の通りです: